「あきらめないで!」アラフォー男性の婚活を成功させる方法は○○です!

自分への戦略

婚活女性ライターより「あきらめないで!!」

 

婚活を始めたアラフォー男性は「もうあきらめようかな」と思うことがあるのではないでしょうか?もしくは婚活を始める前から「多分無理だから」とあきらめてしまっている方もいるかも知れません。

年齢がアラフォーになってくると容姿もオジサン化してしまい、出会いも少なくなりなかなか婚活がうまくいかないですよね。しかし、そこであきらめてしまうとうまくいく婚活も、あるはずのチャンスもなくなってしまいます。

ここではアラフォー男性が婚活をあきらめずに続けて成功させる方法を3つ紹介していきます。これから婚活を始めようかと迷っている方もこれらのことを参考にするとうまくいきますよ。

 

結論1 婚活に疲れたらいったん休みましょう

早速「休む」というアドバイスにびっくりされるかも知れませんね。しかし、疲れたりうまくいかないと落ち込んだりした時には休んでしまうというのもひとつの手です。

たった1回の失恋でも立ち直るまでに時間がある程度かかりますよね。婚活は短時間に小さな失恋を何度も何度も経験するようなものです。心が疲れないわけがないですよね。身体が疲れた時に休むことと同じで心が疲れた時も休んでしまいましょう。

実際に筆者が婚活をしていた時も数か月休んだことがあります。なかなか思うような出会いがなかったり、素敵なお相手を紹介されても向こうから断られたり…。婚活をスタートした時には「1年後には成婚しているかも」なんて期待していた分、現実とのギャップに疲れますよね。

いったん休むことで気持ちがリセット出来ますよ。そして明るい心で再開してみましょう。

 

結論2 信頼出来る人に相談し、アドバイスを受ける

婚活はお相手の女性があなたにどんな印象を持つかが大事です。ですから客観的な意見やアドバイスをもらって行動を変えてみましょう。また、相談することであなた自身が抱える不安や諦めの気持ちをアウトプットすることが出来ます。

頭の中で考えているだけでは堂々巡りになってしまうので「相談」という形で、口に出してしまいましょう。思っていることを外に出すことで悩み自体を自分でも客観視出来ますよ。

しかし、中には「相談出来る相手がいない」という方もいるかも知れませんね。信頼できる家族や友人などに聞いてもらえたらいいのですが婚活していることを隠している方もいることでしょう。

筆者も婚活していることをまわりに言いづらかったので誰にも相談出来ませんでした。しかし、結婚相談所に登録した時には担当コンシェルジュの方に話を聞いてもらうことが出来ましたよ。

相手は何組ものカップルを成婚させているプロですからアドバイスも的確です。ひとりで悩んでいる時にはぜひこういったサービスも利用してみてくださいね。

 

結論3 気分転換にいつもと違うことをする

婚活に疲れてしまったりうまくいかずに焦ったりしてしまった時には気分転換にいつもと違うことをしてみましょう。

今まで服装や髪型に無頓着だった方はこのタイミングで身だしなみにより気を使ってみるのもいいですね。「短ければいい」とてきとうに決めていた髪型も思い切っていつもと違う理容院や美容院に行って「おしゃれにしたい」と相談してみるのもいいですね。

雰囲気が変わると自分の気持ちも変わります。また、それを機に明るくなったあなたは魅力が増すに違いありません。

それから、今まで挑戦していなかった趣味を楽しむのもいいですね。新しいことを始めると会話の幅も広がります。婚活でお相手の女性とお会いした際に会話が続かないことを悩んでいた方にもおすすめです。

 

「いつもと違うことをする」ということを意識した時に「婚活方法を変えてみる」というのもひとつの手です。婚活の方法を変えることで気分が変わるだけでなく、出会えるお相手も変わります。筆者自身も最初はアプリメインの結婚相談所で婚活し、その後婚活パーティ、最後はコンシェルジュのいる結婚相談所と方法を変更していきました。「婚活を続けている」ということには変わりありませんが、方法を変えることで気持ちをリセット出来ますよ。

 

 

まとめ アラフォー男性は婚活をあきらめないために気分転換も必要

いかがだったでしょうか。

婚活を「休む」「違うことをしてみる」というアドバイスなので驚かれた方もいるかも知れません。しかし、「あきらめようかな」「無理だな」という気持ちで婚活しているあなたに惚れる女性がどのくらいいるでしょうか?

暗い気持ちの人に惹かれる方は少ないですよね。明るい気持ちで婚活するために、ここは思い切って気持ちをリセットしてみましょう。

そして、同じ「婚活」をしていてもすぐに成婚できる人と、なかなか成婚出来ない人といますよね。

筆者の場合は後者で、休憩をはさみつつ2~3年婚活をして成婚しました。逆に筆者の夫は婚活期間3ヶ月ほどで終わった前者タイプです。ということは、筆者が婚活をしていた2年半ほどの間、夫は婚活市場に姿を現していなかったわけです。夫が「運命の人」であるならば筆者は2年半の間にどれだけ頑張っても夫とは出会えないわけですよね。

もしかしたらあなたのお相手の女性はまだ婚活を始めていないのかも知れません。その未来のお嫁さんが婚活を始めた時に確実に出会い、いい印象を持ってもらえるようにあきらめずに婚活を続けてみてください。チャンスは必ずありますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました